2007年12月11日

「豊島が母親代わりの姉一美さんに恩返し」に見るドラマ

新入団選手の数だけドラマがある。両親を失い姉の尽力と本人の努力で掴んだプロの扉。

一番、見せたかった2人はいなかった。10日に札幌市内のホテルで行われた日本ハムの入団発表会見。ユニホームに袖を通した豊島明好投手(17=北陸大谷)の晴れ姿は、姉岩本一美さん(31)が見守った。中学生の時に両親が相次いで急逝。母親代わりに手塩にかけ、プロ選手へと育て上げた。「感激しました」。優しいまなざしを向けながら、声を上ずらせた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000087-nks-spo


豊島明好投手の両親は若くして逝ってしまった。遺された姉弟は懸命に生きてきたに違いない。それが証拠に入団テストに合格し、目標だったプロ入りを果たしたのだから。

この姉弟に限らず、プロ入りを果たした選手や残念ながら果たせなかった選手まで、それぞれのドラマがあると思う。それは同様に、どの家庭、夫婦、親子、兄弟にもあるのだろう。

多くの人々は懸命に生き、そして喜びを分かち合い苦労を共にしている。そんな中、プロ野球選手は野球を通じて人々に喜びと感動を与えることが使命だ。

豊島明好投手がこれからプロでどう活躍するのかは誰にも分からない。ただ彼が努力を惜しまず、感謝の気持ちを持ち続けたとき、幸運は訪れるのではないだろうか。

早く豊島明好投手が一軍のマウンドでガッツポーズする姿を見たいものだ。

元プロ野球選手、宮本和知さんも推薦する ゲルマニウムラブブレス【インテリア - 雑貨 - 防犯・防災 ショップ楽運】元プロ野球選手、宮本和知さんも推薦する ゲルマニウムラブブレス
10,500円

元プロ野球選手、宮本和知さんも推薦するゲルマニウムブレスレット!
Ads by 電脳卸


posted by セル at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「船場吉兆報告書 直接指示なお認めず」で再々謝罪会見はあるのか?

まだまだ禍根を残す気配の船場吉兆偽装問題。10日の謝罪会見では、より一層世間を呆れさせ、老舗ブランドにさらなる泥を塗った形の船場吉兆。指摘される矛盾にどう対応するのか。

船場吉兆(大阪市)は10日、農林水産省に提出した業務改善報告書で、福岡市の百貨店・岩田屋での菓子や総菜の消費・賞味期限偽装について、役員の実質的指示は認めたものの、直接の指示はあらためて否定。「指示された」とするパート従業員らの証言と食い違いを残した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000004-nnp-l40


すでに一度、消費者や国民、マスコミを欺いているのだから、「二度目は崩壊」を意味することを肝に銘じるべきだ。

さらに会見で露呈した経営者としての資質、人間性に疑問の目が向けられていることを重ねて認識すべきだ。

たぶん10日の謝罪会見は「経営者がやってはいけない謝罪会見の例え」として、長く語られることだろう。

特に取締役の母親の言動には辟易とした。息子の釈明に横から口を挟むなどもってのほか。しかも小声で釈明のセリフを伝えるなど、呆れを通り越して哀れになった。息子として、今どき中学生でもこんな扱いは受けないのではないだろうか。この親あってこの子なのだろう。

もう一度言うが、パート従業員らの証言と食い違うなど再び疑問が渦巻く中、再々謝罪会見はあり得ない。即刻業界から退場ということを意味する。母子ともども覚悟はできているだろうか?
posted by セル at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゴマキ弟、強盗傷害で再逮捕」ではた迷惑なソニン

「ゴマキ弟」こと後藤祐樹被告が再逮捕された。今回の再逮捕の容疑は「強盗傷害容疑」となっており、さらに凶暴な一面を露呈した。

元歌手の後藤祐樹被告(21)=窃盗罪で起訴=らのグループによる金属窃盗事件で、警視庁小松川署は11日、強盗傷害容疑で、後藤被告を再逮捕した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000914-san-soci

すでに最初の逮捕時に世間やマスコミなどから厳しい声を浴びせられたが、もうこの男に過去の輝きを重ねるのは虚しいだけだ。

後藤祐樹は元芸能界にいた人間であって、現在は悪党・・・いや小悪党といったチンケな人間に成り下がっている。

本当に迷惑なのは元相棒のソニンだろう。「EE JUMP」というユニットで活動していたが、やはり後藤祐樹のトラブルで崩壊している。そして今回も「EE JUMP」が取りだたされ、ソニンもはた迷惑に違いない。

姉の後藤真希ことゴマキはハロー!プロジェクトから脱退したが、「メンバーに迷惑をかける」という理由が釈然としない。これは弟の事件をきっかけとしただけで、元々の行動なのかもしれない。

さて、後藤祐樹の今後だが、彼はまだ若いので将来を立て直すことは充分可能だろう。しかし、芸能界での過ごし方や今回の事件を見ていると、どうも本人に「やる気」を感じない。近い将来、「ゴマキ弟、懲りずに○○で逮捕」といった見出しが新聞に躍らないことを願うばかりだ。

カレンダー ソニン【通販市場】カレンダー ソニン
2,415円

今年も登場! 2008年の大人気カレンダー!お買い逃がしなくっ!
Ads by 電脳卸
posted by セル at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田県田沢湖の死傷事故で「あおり運転認める」に見る根深い原因

秋田県は田沢湖で起きた交通死亡事故の初公判があった。事故原因の一つとして「あおり運転」が指摘され、被告は起訴事実を認めた。

今年2月、仙北市田沢湖の国道46号トンネルで、大型トラックと正面衝突した軽乗用車の同市田沢湖生保内武蔵野、専門学校生、松田護峰(ごうほう)さん(当時21歳)と後部座席に同乗の長男蓮八(れんや)ちゃん(当時11カ月)の2人が死亡、助手席の妻亜紀さん(21)が胸などを打つ重傷を負った事故で、大型トラックを運転し、業務上過失致死の罪に問われている潟上市天王上江川、元運転手、安田康宏被告(35)の初公判が10日、秋田地裁大曲支部(綱島公彦裁判官)であり、安田被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。検察側は冒頭陳述で、事故直前、安田被告が前の車をあおるなど、危険な運転をしていたことを指摘した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000038-mailo-l05


車の運転時に大型トラックに煽られた経験は多くの人にあるかと思う。もちろん全ての大型トラックの運転手がそうではないが、なぜこうも大型トラックのドライバーは危険を承知で煽るのか?

今回の事故にあてはまるかどうかは不明だが、原因の一つとして思いつくのが「過密な運転日程」にあるかと思う。大型トラックは「業務用運搬車」なので基本的に業務として道路を通行している。業務というからには日程が存在し、設定された時間がありその行程は厳しく管理されている。しかし公道は様々な目的を持った車や歩行者が行き来し、自身の利益目的だけで走行したのでは危険というものだ。

さらに私がこの手の事故の本質を得ているようなことを二つ記憶している。一つは、大型トラックの運転手の「精神状態」だ。先の「過密行程」によるストレスもあると思うが、私が危惧しているのは、「大型トラック」という鎧をまとったドライバー心理のほうだ。

車の運転というのは、ドライバーの性格が顕著に反映されるという。これに加え大型トラックのハンドルを握ったドライバー心理は、急に「怖いもの知らず」のような状態になる人が多いという。

つまり横柄な気持ちになり、遅い車や割り込んできた車には「どやしつける」がごとく、「おある」のだ。そしてトラックを降りると打って変わって落ち着いた人柄になるという。これは本人も気づかない場合があるようなのでやっかいだ。トラック業界は車体に「安全運転」などといったスローガンを貼って喚起を促しているが、そのスローガンを貼ったトラックが煽っている現場を何度も目撃している。業界としての厳しい罰則なども考えたほうがいいだろう。

もう一つは「秋田県」という運転者の風土だ。ずいぶん前になるが、「秋田県のドライバーは全国一危険」という話題がテレビで流れていた。内容は「バイクでツーリング旅行していた人が、秋田県に入ったとたんその危険さに驚いた」というものだった。

この人は全国を旅行中でその違いにあきれたという。番組での実証実験でも「他県ナンバー」には幅寄せをしてきたり、「あおり行為」が見られた。そして、実際に他県ナンバーのバイクが幅寄せされて死亡するという事件も起きている。

なぜ秋田県のドライバーがこのような行為に及ぶのかは分かっていないが、個人的に思うのは「部外者蔑視」の風土が残っているからだと思う。ただ、このような「県民気質」というのは他の都道府県でも見られることではあるが。

これらのことは、今回の事故(事件)とは無関係かもしれないが、無闇に追い越しをしなければ、さらには被告がそのような精神状態でなければ防げた事故なのである。

非常携帯電源 ジャンプスターター【ハッピーマーケット RaiRai】非常携帯電源 ジャンプスターター
12,800円

一台6役の機能を持つ非常用携帯電源。トラブルに即座に対応
Ads by 電脳卸
posted by セル at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道日本ハムに入団した中田翔に「型破り」な夢を見る

今年のドラフトで注目を浴びた大阪桐蔭高の中田翔外野手が、北海道日本ハムの新入団選手記者会見に挑んだ。清原の再来を予感させる彼のオーラに感嘆した。

北海道日本ハムの新入団選手8人の記者会見が10日、札幌市内であった。高校時代に本塁打87本を放ち、高校生ドラフト1巡目で4球団が競合したスラッガー、中田翔外野手(18)=大阪桐蔭高、背番号6=は「1年目から全力で頑張って、新人王を狙いたい」と力強く語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000096-mai-base


いつの年も、どの球団の新入団発表でも、新入団選手は初々しくフレッシュな雰囲気があるものだが、この中田翔のユニホーム姿を見て驚いた。

とても高校生に見えないのだ。いや新入団選手に見えないといったほうがいいかもしれない。すでにプロの世界でプレーしている選手のように感じたのは私だけではないだろう。さらに言うと、あの清原やソフトバンクの松中のようなオーラの片鱗も感じられる。

今思うと、やはり甲子園での中田翔を見たかった。大阪桐蔭は大阪の地区予選で破れ甲子園の土を踏めなかったのが残念でならない。当の中田は主戦投手として奮闘していたが、彼はピッチャーとしても非凡な才能を持っている。

そこで提案だが、ぜひプロでもピッチャー兼バッターとしてやってもらいたい。もちろん打者としてのプロ選手であるが、例えばローテーションの谷間に投げさせるのはどうだろう。打順はDHでもいいと思う。長いペナントレースでは必ずピッチャーもDHも休ませる時が来る。登板機会を奪われる投手には申し訳ないが、それくらい彼にはピッチャーとしての魅力があるのだ。

一ファンの儚い夢なのはわかっているが、一人くらい型破りな選手がいてもいいと思う。中田にはそんな期待を感じさせるし、本当に将来が楽しみだ。

ホームシアターセット/CE-V042【AUGUST】ホームシアターセット/CE-V042
15,800円

誰でも簡単にホームシアターが楽しめる!
Ads by 電脳卸
posted by セル at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

「小学生即席めん中毒死事件」で驚愕の毒が検出

中国で発生した即席ラーメン死亡事件は「殺そ剤」が原因と分かったようだ。しかし「食」とかけ離れた毒が原因では中国の食の安全性に疑問が残る。

2007年12月7日、雲南省公安庁は昭通市で発生した小学生中毒死事件に関する記者会見を開き、即席めんと一緒に食べた豚の油かすに殺そ剤が付着していたことが原因と発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000006-rcdc-cn


来年北京オリンピックが開催される中国で即席ラーメンを食べた小学生が中毒症状を発症して死亡した。原因は「殺そ剤」というものらしい。

殺鼠剤(さっそざい)とは、ネズミを駆除する目的で作られた薬剤である。通常は毒餌の形で、投与するが、ほかに、粉剤を巣に吹き込んで全滅させる方法などがある。農地で農作物に加害するノネズミを駆除するための製剤は農薬として扱われる。
[出典:ウィキペディア]


この「殺そ剤」がどのような経緯で混入したのか詳細はまだわからないが、以前から中国の食の安全意識が低いことが世界的に指摘されているが、来年の北京五輪で来中した一般人が同様の事故に巻き込まれないかと危惧される。

私見だが、中国にはまだ「衛生」や「安全」という意識が広く浸透していないように見える。つまり不衛生な環境なのだ。これは意識して不衛生なのではなく、現在の世界的な基準から見て不衛生ということなのだ。

オリンピックを来年に控えた中国当局は衛生面でのテコ入れに乗り出しているが、末端の店舗や製造会社までには目が届いていないようだ。

死亡した小学生は「どこにでも売っている」即席ラーメンを食べて死亡した。痛ましい事件だが、これを機会にそしてオリンピックを無事成功させるためにも、原因究明の徹底が待たれる。

posted by セル at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人清武球団代表の「法外な金額」発言に意義あり!

加熱する福留選手の移籍のゆくえ。さらにこの話題に拍車をかけるのが年俸の高騰だ。年々、日本人選手の価値がメジャーに認知されてはいるが、当の本人は当惑しているのではないだろうか?

巨人が中日からFA宣言している福留孝介外野手(30)の争奪戦から撤退することが9日、明らかになった。メジャーの複数球団が獲得に乗り出し、年平均1000万ドル(約11億円)以上の複数年契約を提示と報じられるなど、金銭面の条件が高騰。マネーゲームは避けられないと判断した。今後は福留獲得資金の20億円を用い、右打ちの外野手と先発投手の補強に着手する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000092-sph-base


まず巨人の清武英利球団代表が年俸の高騰を受けて「日本で言うと法外な金額」と発言したことが気になる。

確かに「法外」と表現する気持ちはわかるが、一時は獲得を目指した福留に対して失礼ではないだろうか?

もちろん他意がないことはわかるが、まず福留はメジャーか日本残留で悩んだはずだ。イチローや松坂のポスティングとは異なり、FAなのだから福留自身の希望が一番に考慮される。

であるならば、年俸の高騰に目を奪われるのではなく、巨人というチームが福留を本当に必要としている理由を本人に誠心誠意伝えることが先決だったのではないだろうか。他の補強に影響する懸念も理解できるが、「高いからやめた」では福留がかわいそうだ。

年俸の金額は選手も気になるし、プロスポーツ選手としての評価は「年俸」なので当然意識もするだろう。しかし本当に自分を必要としてくれる場所で仕事をしたいと思うのは、プロ野球選手に限らず誰もが望む場所なのではないだろうか?

巨人というブランドはプロ野球界では今も根強く残っている。しかし、「日本で言うと法外な金額」と負け惜しみ発言するのではなく、「彼はそれぐらい価値のある選手。うちは財政的にそこまで出せないのが残念」と言うのが大人の対応ではないだろうか。メジャーを終えた福留が日本で選手生活を終えることもありえるのだから。


posted by セル at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

船場吉兆湯木喜久郎取締役「責任逃れの気持ちあった」という愚かさ

すでにこの件についてのレポートは『「船場吉兆の全贈答用商品で期限改ざん」で経営陣辞任・・・では済まされないのでは?』というタイトルで書いたが、ここでは船場吉兆経営陣の謝罪会見をレポートする。

「法令順守の考えが甘かった。申し訳ございません」。料亭の「若だんな」はそう言って、カメラの前で深く頭を下げた。一連の不正表示を指摘され、近畿農政局に10日、改善報告書を提出した船場吉兆の湯木喜久郎取締役(45)。先月9日の会見以来、1カ月ぶりに公の場に姿を見せ、経営陣の関与を全面否定した当初の弁明を一転、仕入れ担当者として不正の責任を認めた。だが、消費者をだます意図がなかったか問われると言葉を濁し、終始うつむき加減で謝罪を繰り返すのみだった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000914-san-soci


この謝罪会見より一ヶ月前の11月9日に、湯木喜久郎取締役も同席して弁明会見を行っている。このときの様子に非常に違和感を覚えた方も多いのではないだろうか。

終始うつむき加減で消え入りそうな声での答弁は、何か後ろめたい感情を表していたのだろう。確か隣にいた専務は必死の弁明を繰り返していたが、その対照的な振る舞いに多くの消費者が首を傾げただろう。

専務がどこまで関与し、どこまで承知していたのか現時点では分からないが、11月9日の記者会見時点で喜久郎取締役は「組織ぐるみ」「偽造の指示」を認識しながら、全国の消費者を欺いていたことになる。

さらには、製造担当者や取引先業者に責任をなすりつけるという、経営に携わる人間としては絶対にあってはならない愚行を犯した。この罪は重い。

思うにこの喜久郎取締役は世間一般で言う、いわゆる「お坊ちゃま」だったのではないだろうか?今日の会見に同席した母親の湯木佐知子取締役とのやり取りを見てそう感じた方も多いと思う。さらに言うと母親の溺愛ぶりも感じられたのだが・・・。

「吉兆」というブランドは全国区である。この重みを忘れ、陳腐な経営を繰り返していたのだから「お坊ちゃま」と揶揄されても仕方あるまい。喜久郎が生まれたときから吉兆は存在し、すでにブランドが確立されている環境で育った。「消費者に喜ばれるためには・・・」この基本的なことが置き去りにされ、利益優先に先走りすぎた結果のなのかもしれない。

船場吉兆といえどもれっきとした会社なので利益を追求することは当然だが、会社や経営者が絶対やってはならないことがある。それは「ウソをつく」ことである。

今回の偽造問題で船場吉兆のブランドは地に堕ちた。いや、消費者・従業員・取引先と、店を経営するうえで大切な人々をことごとく裏切ったのだから、個人的には再建も無理のように感じる。数年後に果たして「船場吉兆」の名はあるだろうか?
posted by セル at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「船場吉兆の全贈答用商品で期限改ざん」で経営陣辞任・・・では済まされないのでは?

消費者の信用を一気に失墜させた一連の「食品偽造問題」の大トリを務める船場吉兆。その詳細が明らかになるにつれ、会社ぐるみの呆れた実態が見えてきた。

牛肉の産地偽装などが発覚した「船場吉兆」(大阪市)で、賞味期限の改ざんは穴子商品や明太子だけでなく、冷蔵保存や作り置きができるすべての贈答用商品について行われていたことがわかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071208-00000114-yom-soci


この「船場吉兆」には老舗のプライドや意地のかけらも存在しないのか?けさの謝罪会見では喜久郎取締役が「法令順守の意識が甘かった」などと涙ながらに述べていたが、この意味が解せない。

これは「偽造(法令違反)は認識していたが、こんなに大事になるとは思わなかった」ということなのだろうか?だとすれば「食」を提供する経営の資質「ゼロ」である。さらに言うなら、発覚当初の記者会見で経営陣の「偽造関与を否定」しているのである。これは国民という消費者を愚弄する行為だ。

先の田中フーズの田中社長もほぼ喜久郎取締役と同じような言動で驚かされたことを思い出す。「認識が甘い」のではなく、これらの責任者は「食を扱ってはいけない人種」だったのである。

諸費者を欺いた代償はあまりにも大きく、信用の失墜だけでなく製造に携わってきた従業員をも路頭に迷わせ、「吉兆」というブランドに泥を塗ってしまった。

経営陣は辞任するというが、どこかの国の公務員でもあるまいし、「辞めて済む」問題ではない。今後は同じ「吉兆」グループからの損害賠償や従業員への対応も含めた大きな展開もあり得る。

今年一年を振り返ると「偽造食品」という食のモラルを踏みにじる事件が相次いだ。消費者は何を信じたらいいのか・・・このような事態は今年が最後となることを願う。
posted by セル at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

「マナカナがNHK朝ドラ12年ぶり主役」でオーロラ輝子の再現なるか?

双子タレントのマナカナがNHK朝の連ドラに再登板する。しかも主人公での出演だというが、再び「ふたりっ子」のような旋風が巻き起こるか。

NHKは7日、来年度後期の朝の連続テレビ小説が、双子の女優、三倉茉奈さん(21)、佳奈さん(21)主演の「だんだん」に決まったと発表した。三倉さん姉妹は96年度の朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」で主人公の子供時代を好演、「マナカナ」の愛称で全国区の人気を得た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000010-maiall-ent


「ふたりっ子」でブレイクしたマナカナだが、このドラマでは他の出演者もその後、軒並み名前が売れている。

例えば、菊池麻衣子・岩崎ひろみ・手塚理美・段田安則・伊原剛志・内野聖陽などなど、現在でも第一線で活躍する役者が勢ぞろいしている。そして忘れてならないのが、オーロラ輝子役を好演した河合美智子である。彼女はその年の紅白歌合戦にもオーロラ輝子として出場している。

さて、マナカナこと三倉茉奈と三倉佳奈は現在21歳の女子大生だと思ったが、今もって子供のようなキャラクターが世間に受け入れられているようだ。

ドラマの詳細はわからないが、マナカナに大人の色気を期待するのは酷なので、彼女達の等身大そのままのキャラクターが反映された物語だと思う。

そう考えると、これからも役者業をやっていくとすると、ちょっとツライものがあるかもしれない。

ドラマでは、「デュエット歌手としてデビュー」するらしいが、果たしてオーロラ輝子の再現となりますか。

お風呂で地デジ【リンクザバティ VWJ707S -04】【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】お風呂で地デジ【リンクザバティ VWJ707S -04】
46,800円

テレビで紹介!お風呂で使える地デジ対応ポータブルモニター
Ads by 電脳卸
posted by セル at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。