2008年02月05日

「倖田來未失言余波」に感じること

歌手の倖田來未の失言騒動が止みそうにない。

歌手の倖田來未(25)が先月のラジオ番組で「35歳をまわると羊水が腐ってくる」と失言し、ホームページ(HP)で謝罪した件で、倖田が出演する「キリンチューハイ 氷結」のCM放送が当面自粛されることが4日、分かった。また、7日放送のテレ朝系「徹子の部屋」は、倖田の活動自粛を受け、局では延期を決定。余波は広告、テレビ業界にも飛び火した形だ。一方で、先月30日発売の新アルバム「Kingdom」はオリコンで初登場1位を獲得した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080205-00000034-sph-ent


この騒動の中、オリコンで初登場1位を獲得したのは彼女の根強い人気を物語っているが、発言そのものはやはりどう考えても大失言だ。

この失言騒動後もテレビをはじめマスコミは一様に彼女の「人間性」を持ち上げ、かばっている傾向にあるが、それで先の失言が正当化されるのは間違いだ。

マスコミは「倖田來未とは、純粋なキャラなのだ」と異口同音に唱えるが、それを今回の発言の根拠にしてはならない。

「35歳をまわると羊水が腐ってくる」

この発言を聞いた晩婚の女性や、不妊治療を受けている女性はどう感じてしまうだろうか? と一瞬でも考えれば先の発言はなかっただろう。つまり残念ながらこのとき、彼女には人を思いやる気持ちが欠如していたと言わざるを得ない。

断っておくが、私は倖田來未ファンである。彼女がデビューまでに経験した苦労などもマスコミなどの報道で知っている。だからこそ、今回の失言が悔やまれてならない。

騒動前に収録されたテレビ番組で歌う倖田來未は、彼女曰く「ほぼスッピン」で歌っていた。そのきれいな素顔が彼女の「心」そのままであるのは間違いないと一ファンとして思った。


posted by セル at 16:13| 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

「日テレ女子アナユニットがデビュー」で見る女子アナ論

日本テレビの女子アナ3人が、同局の開局55周年を盛り上げるためのユニットを結成した。
鈴江奈々(27)、葉山エレーヌ(25)、夏目三久(23)の日本テレビアナウンサー3人が、来年の開局55周年を盛り上げる期間限定スペシャルユニット「go!go!ガールズ」を結成することが明らかになった。20日のお披露目会見で3人は、ロックンロールの祖である米歌手チャック・ベリーさん(81)が歌う「ジョニー・ビー・グッド」の替え歌「日テレgo!go!」のメロディーに乗り、60年代風のサイケなワンピース姿で、「go!go!ガールズです」とノリノリでポーズを決めていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000009-maiall-ent

今となっては女子アナがユニットを組んで歌やら何やらやるのはめずらしくないが、日テレ独特の「幼稚」な雰囲気が漂っている。

私は、日テレのどの番組を見ても「幼稚」さを感じている。個人的には好きでないが、良く言えば「誰にでもわかる」創りなのだろうと思う。

さて、この記事で驚いたのが夏目三久という女子アナが発したこの言葉、「アナウンサーにこんな仕事があると思ってもみませんでした」である。

この娘のためにもハッキリ言っておくが、今や女子アナとは「テレビ局お抱えのタレント」なのである。つまり固定給のタレントなのだ。テレビ局にとってはとても「安上がり」なのである。

だから大きな声では言えないが「ブサイク」は女子アナでは採用されない。かわいそうだが本当だ。

夏目三久アナが理想と現実とのギャップに悩むことがなければいいのだが。

posted by セル at 18:28| 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

「ホームレス中学生」映画化で予想できる結末

お笑いコンビ「麒麟」の田村裕の自叙伝が映画化されるようだ。
東宝が13日、2008年度の映画のラインアップを発表し、お笑いコンビ「麒麟」の田村裕(28)が執筆し、大ベストセラー中の貧乏自叙伝「ホームレス中学生」を映画化(来年6月公開)することを明らかにした。また公開中のヒット作「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズのスタッフが結集し、主演・金城武(34)で「K−20 怪人二十面相・伝」の製作も発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000057-sph-ent

まあ予想はしていたが意外に早く映画化が決定したようだ。「麒麟」がお笑いとして面白いかどうかは別にして、田村の現実離れした生活環境が描かれている「ホームレス中学生」はベストセラーとなっている。

私は売れている本は読まないヘソ曲がりなので、立ち読みで2〜3行眺めただけだが、日本人が好みそうな文体で、「なるほど」と納得した。すべて田村が書いたとは思えないが、彼自身の過去をなぞった自叙伝でありドキュメント作品なのだろう。その点でも昨今、お笑いタレントが続々出版している「小説」ものとは異質である。

さて、その「ホームレス中学生」の映画化であるが、私は日本映画を観るとあくびが出るので言えた義理ではないがあえて言うと、ベストセラーに泥を塗るだろう思っている。

特にこの手のドキュメント物を日本人が映画にしてしまうと、なんともウソくさい作品になってしまう。それくらい日本映画はお茶を濁すのが得意なのだ。

一部の狭い業界のマニアックなファン達で成り立っている日本映画は、スケール感に乏しく演出も陳腐なものばかりだ。それを逆手に取ったのが北野武だろう。彼の作品は誰がどうみても面白くない。なのに海外では評価されている。なぜか?それは、誰も観たことがないほど面白くないからである。つまり「新鮮なつまらなさ」なのだ。

田村の「ホームレス中学生」は陳腐な映画になるだろうが、自叙伝はベストセラー本として永遠に語り継がれるだろう。ただし田村には「次回作」はないので、今のうちに売りまくったほうがいいと思う。

ホームレス中学生
ホームレス中学生
posted with amazlet on 07.12.14
麒麟・田村裕
ワニブックス (2007/08/31)
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 4.5
2 ベストセラーとは言うけれど・・・
4 単純にサラッと読めば…
5 素敵な本

posted by セル at 12:05| 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

有名タレント「アニメ」声優起用・・・で声優の未来は明るい?

声優の仕事場がタレントに荒らされているという。声優に明日はないのか?

新作アニメ映画の声優に人気タレントを起用する例が増えている。制作サイドの狙いは話題作り、アニメファンの裾野を広げたい、ということらしい。これで、困っているのが本職の声優さん。仕事が奪われる流れは止まらないようで、「声優さんの今後」を心配する声も出ている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000000-jct-ent


私はアニメは最近特に見ないのでよくはわからないが、「ハウルの動く城」でキムタクが声優を務めたことは知っている。

声優は「声の役者」なので、素顔は分からないほうがいいのだが、ネタバラシのような形で主人公の声優の素顔がたまにテレビで紹介されると、「そうそう、その声」といった感じで、結構興味をそそられたものだ。

アニメではないが声優というジャンルで言うと、日本語吹き替えでの声優は作品のイメージを左右しかねないのでシビアなキャスティングが必要だと思う。最近観たDVDで「これはミスキャストだろう!」と憤慨した作品がある。それは「スーパーナチュラル」というアメリカのTVドラマだ。

このドラマは超常現象に立ち向かう若き兄弟の物語だが、主役の兄ディーンの声をお笑いコンビ「次長課長」の井上聡が務めている。しかし、これがヒドイ・・・。セリフが棒読みなので、それが気になってストーリーに入っていけないのだ。

観た(聞いた)人は分かると思うが、これだけ最悪なのが珍しいくらいヒドイと思う。当の本人はどう思っているか知らないが、この作品はシリーズ物なので今年リリースされたセカンドシーズンでも井上の棒セリフが炸裂していた(笑)。

やはり「餅は餅屋」だと思うがタレントにも才能のある人がいるので、それはそれでいいとは思う。ただ、こうなると声優もタレントの領域に逆に進出したほうがいいだろう。タレントの仕事場を荒らすのである。それが成功すれば、有名俳優の肩書きを持った有名声優ということになり、もともとの仕事も増えるだろう。

逆に言うと「声優ができないタレントに、声優の仕事は来ない」ことになるのではないだろうか。タレント業に進出することで逆に声優の将来は明るいと思うのだが。「目には目を」である。

最後に、「スーパーナチュラル3は辞退してくれないか?井上聡(笑)」。

ドラゴンボールZ【通販市場】ドラゴンボールZ
2,100円

今年も登場!2008年の大人気カレンダー!
Ads by 電脳卸
posted by セル at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゴマキ弟、強盗傷害で再逮捕」ではた迷惑なソニン

「ゴマキ弟」こと後藤祐樹被告が再逮捕された。今回の再逮捕の容疑は「強盗傷害容疑」となっており、さらに凶暴な一面を露呈した。

元歌手の後藤祐樹被告(21)=窃盗罪で起訴=らのグループによる金属窃盗事件で、警視庁小松川署は11日、強盗傷害容疑で、後藤被告を再逮捕した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000914-san-soci

すでに最初の逮捕時に世間やマスコミなどから厳しい声を浴びせられたが、もうこの男に過去の輝きを重ねるのは虚しいだけだ。

後藤祐樹は元芸能界にいた人間であって、現在は悪党・・・いや小悪党といったチンケな人間に成り下がっている。

本当に迷惑なのは元相棒のソニンだろう。「EE JUMP」というユニットで活動していたが、やはり後藤祐樹のトラブルで崩壊している。そして今回も「EE JUMP」が取りだたされ、ソニンもはた迷惑に違いない。

姉の後藤真希ことゴマキはハロー!プロジェクトから脱退したが、「メンバーに迷惑をかける」という理由が釈然としない。これは弟の事件をきっかけとしただけで、元々の行動なのかもしれない。

さて、後藤祐樹の今後だが、彼はまだ若いので将来を立て直すことは充分可能だろう。しかし、芸能界での過ごし方や今回の事件を見ていると、どうも本人に「やる気」を感じない。近い将来、「ゴマキ弟、懲りずに○○で逮捕」といった見出しが新聞に躍らないことを願うばかりだ。

カレンダー ソニン【通販市場】カレンダー ソニン
2,415円

今年も登場! 2008年の大人気カレンダー!お買い逃がしなくっ!
Ads by 電脳卸
posted by セル at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

「マナカナがNHK朝ドラ12年ぶり主役」でオーロラ輝子の再現なるか?

双子タレントのマナカナがNHK朝の連ドラに再登板する。しかも主人公での出演だというが、再び「ふたりっ子」のような旋風が巻き起こるか。

NHKは7日、来年度後期の朝の連続テレビ小説が、双子の女優、三倉茉奈さん(21)、佳奈さん(21)主演の「だんだん」に決まったと発表した。三倉さん姉妹は96年度の朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」で主人公の子供時代を好演、「マナカナ」の愛称で全国区の人気を得た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000010-maiall-ent


「ふたりっ子」でブレイクしたマナカナだが、このドラマでは他の出演者もその後、軒並み名前が売れている。

例えば、菊池麻衣子・岩崎ひろみ・手塚理美・段田安則・伊原剛志・内野聖陽などなど、現在でも第一線で活躍する役者が勢ぞろいしている。そして忘れてならないのが、オーロラ輝子役を好演した河合美智子である。彼女はその年の紅白歌合戦にもオーロラ輝子として出場している。

さて、マナカナこと三倉茉奈と三倉佳奈は現在21歳の女子大生だと思ったが、今もって子供のようなキャラクターが世間に受け入れられているようだ。

ドラマの詳細はわからないが、マナカナに大人の色気を期待するのは酷なので、彼女達の等身大そのままのキャラクターが反映された物語だと思う。

そう考えると、これからも役者業をやっていくとすると、ちょっとツライものがあるかもしれない。

ドラマでは、「デュエット歌手としてデビュー」するらしいが、果たしてオーロラ輝子の再現となりますか。

お風呂で地デジ【リンクザバティ VWJ707S -04】【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】お風呂で地デジ【リンクザバティ VWJ707S -04】
46,800円

テレビで紹介!お風呂で使える地デジ対応ポータブルモニター
Ads by 電脳卸
posted by セル at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「菊間アナがフジ退社」に思う

フジテレビの菊間千乃アナウンサーが退社の意向だと言う。入社以来波乱のアナウンサー人生だった彼女は司法という世界に進もうとしているようだ。

フジテレビの菊間千乃アナウンサー(35)が同局を退社することが6日、分かった。親しい同局関係者や番組で共演したタレントらに報告を始めている。アナウンサー業のかたわらで司法試験の勉強を進めており、今後は勉強に専念するとみられる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000045-spn-ent


最近は番組レポーターを務めるなど、テレビでの露出がめっきり減った菊間アナ。すべては05年7月に仙台市内で未成年タレントと飲酒した事件が発端だが、さすがに以前のような華やかさは影を潜め、少々気の毒な気もしていた。

未成年タレントとの飲酒事件では世間から激しいバッシングを受けたし、局内でも肩身の狭い思いをしたであろうことは想像に難くない。

しかし当時の彼女は傍目にも浮かれていたようだし、その雰囲気はテレビを見ていても感じられたように思う。

事件を境に彼女なりに考えた末の今回の決断なのだろう。「女子アナ」という華やかでありながら過酷な世界を過ごした経験は、彼女のこれからの人生に必ず役立つと思う。

彼女に対して世間はまだ厳しい目もあるかと思うが、新しい目標に向けてがんばっていただきたい。
posted by セル at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

「24ジャック・バウワーに48日間の禁固刑が確定」で1152時間の現実ドラマが始まる

「24」のジャック・バウワーが禁固刑に処された。ファンにとっては残念な行動に、今後の同ドラマへの影響が懸念される。

当地の裁判所は5日、飲酒運転などで起訴された米人気ドラマ「24」で知られる俳優のキーファー・サザーランド被告に対して、求刑通り48日間の禁固刑を言い渡した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000055-jij-ent


何を隠そう、私も「24」の大ファンなのだが、新作「シーズン6」がリリース中の9月25日に起した不祥事だけに、新作を少々興ざめしながら見ていた。

俳優としてのキーファー・サザーランドも人間なので過ちはあるだろうが、ジャック・バウワーのイメージを損なう行為に失望したファンも多いはずだ。

この「禁固刑」の体験を生かすも殺すも彼次第だが、ハリウッドという華やかな世界に少々溺れていたのではないだろうか。

それにしてもドラマでよく登場するロサンジェルス市警に捕まるとはなんと言う皮肉か・・・。「24」という素晴らしい作品にこれ以上泥を塗らないためにも、私生活でも正義を貫いて欲しい。

posted by セル at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『絶対に笑ってはいけない病院24時』は年越しにお勧め

個人的にこの『笑ってはいけない』シリーズを楽しみにしている者として、昨年に引き続きの年越し放送は大歓迎だ。

ダウンタウン、山崎邦正、ココリコが5日(水)、都内で行われた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の大晦日年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけない病院24時』の会見に出席。昨年に続き、2年連続で生放送ではなく録画映像での年越しに浜田雅功は「おかしいでしょ。VTRって!」と鋭いつっ込みを入れた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000024-oric-ent


近年の大晦日の年越し番組は「格闘系」が主だったが、それも鳴りを潜めたようだ。今年も「格闘系」番組があるかどうかは知らないが、年をまたぐ夜に「殴り合いはないだろう」と思っていた。

さて、このシリーズは「笑ったら罰を受ける」ことで、今までにない笑いを提供していると思う。見ているほうもついつい笑いを堪えてしまう演出は見事だ。

これは一種の「にらめっこ」と同じ状態だ。「笑ってはいけない」と思うと、よけい可笑しくなって噴き出してしまう。そんな状態に似ている。

私はリアルタイムで見ながら録画もしている。もちろん後で見るためだが、特にお笑いはネタが分かっていると面白くないことが多いが、このシリーズはかなり日持ちする。去年の録画を見ても、同じ所でわかっていても笑ってしまう。

見る人が見れば「馬鹿馬鹿しい」内容なのだが、年越しくらいは笑って過ごしたい方にはお勧めである。私は今年も当然「録画」する。
posted by セル at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

「大物出ない!常連辞退!人選地味!」でNHKが勘違いしていること

「紅白歌合戦」という言葉自体が死語と化している今、それほどまでに視聴率奪取に躍起になっているNHKの心理がよく分からない。

大みそかの「第58回NHK紅白歌合戦」(後7時20分)の出場歌手56組が4日、東京・渋谷の同局で発表された。史上最多48人グループのAKB48や、紅組で出場するシンガー・ソングライターの中村中(あたる、22)ら8組が初出場。一方で矢沢永吉(58)、竹内まりや(52)ら大物にフラれ続け、目玉不在の“超地味”なラインアップ。また、9月に映像ディレクターの夫を亡くし活動を一時休止していた吉田美和(42)のDREAMS COME TRUEも出場決定。紅白に先駆け、21日のテレビ朝日系生番組「ミュージックステーション」でテレビ復帰することが分かった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000103-sph-ent


この記事を読んである意味「毎年のことでは?」と感想を持つ方は多いだろう。近年はタレントや歌手の売り出し方も多肢に渡っているので、一部のマーケットだけで売れているタレントやインターネットで話題のタレントなどは全国的な露出が少ない分、一般の視聴者には知名度が無いに等しい。特に年配の方には「この人誰?」といった声が多く聞かれる。

いまや媒体も多種多様で、それにともなうように国民の大晦日の過ごし方も多様化している。今どき紅白を見るために家族でテレビの前に揃うという光景は皆無に等しいだろう。そんな状況でも、紅白は視聴率を30%くらいは稼いでいるのだからNHKは良しとすべきである。大昔のテレビしか娯楽の無かった時代とは違うのだ。

もしそれでも紅白の視聴率にこだわるのなら、「演歌歌手」のみに絞って紅白を実施してみてはどうだろうか?

今も昔もであはるが、世代を超えた出演者で行うから視聴者から反感を買うのだ。例えば演歌歌手が歌えば若年層はシラケてチャンネルをかえるだろうし、若いタレントが歌いだすと年配層は眉をしかめてしまう。

そこで「演歌歌手」だけにターゲットを絞ってやれば、昔から紅白を見てきた年配層は安心して見てくれるし、チャンネルを変えることもないだろう。なにしろNHKが気にして止まない視聴率が安定する。

若いタレントや歌手は「前日」でもいいのだ。もともと彼等彼女達は大晦日にNHKホールで過ごしたいとは思っていない。自分達の企画した年越しコンサートや友人達と過ごしたほうが楽しいに決まっている。

今は昔、NHKも「大晦日の恒例」から脱却すべき時なのである。
posted by セル at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

小島よしお「そんなの関係ねぇ〜」が商標登録出願・・・賞味期限は短いが

今年の流行語大賞にノミネートされている小島よしおの「そんなの関係ねぇ〜」が商標登録出願されたとか。

これが事実なら登録される頃には古いギャグとして、誰も興味を持たなくなっているのではないだろうか。

いつの時代もお笑い芸人のギャグがノミネートされる。それ自体は楽しいし、過去を振り返ったときに懐かしくその時々を思い起こさせてくれる。

商標登録は自由だが、飽きっぽい日本人は賞味期限が短い。パッと出てきていつの間にか消え行く芸人やギャグが多数いる。

しかも、一発当てたギャグを持ちネタとする芸人は、ギャグのイメージが強力でその後の活動が難しい。

私には小島よしおの芸のどこが面白いのかわからないが、今後は俳優の道はどうかと思っている。彼に才能があればの話だが。

お笑い芸人の小島よしおさん(27)のギャグで、今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた「でもそんなの関係ねぇ〜」が、所属するサンミュージックプロダクションによって商標登録出願されていることが26日、分かった。「関係ねぇ〜」海パンなど偽物グッズが出回るのを防ぐ狙いがありそうだ。今年の流行語では、美容家のIKKOさんが広めた「どんだけぇ〜」関連の商標が、新潟市の米菓会社などから出願されたことが明らかになっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000013-sph-ent
posted by セル at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辻希美出産で、今思うこと・・・

元モーニング娘。の辻希美が第一子の女児を出産した。二十歳という若さに加え、その容姿から「子供が子供を産んだ」ような印象がある。

私はあまりモーニング娘。のことは知らないが、ここ最近はこのグループの元関係者やその周辺が騒がしいので、そろそろグループの将来も消滅への道をたどっているような気がしていたが、つんく♂の「候補生」発言で、真意はわからないがまだ続ける気があるようだ。

さて辻希美といえばW(ダブルユー)であるが、今年の春に事務所を解雇された加護亜依はどうしているのだろうか。

未成年の喫煙は大昔からの問題ではあるが、芸能人という立場上その影響力から厳しい処分を受けた。さらに彼女は親ほど歳が離れた年上男性とのお泊りデートも発覚して、復帰への道は閉ざされた。

ただ今になって思うのは、加護亜依解雇のすぐ後に辻希美の「できちゃった婚」が発表されて、加護亜依ショックは影を潜めたが、私には何かやりきれない思いがある。

それは、加護亜依と辻希美がやったことは、そんなに違いはないということだ。加護亜依は「お泊りデート」で、辻希美は「できちゃった婚」。どこに違いがあるのだろうか?

違いは「喫煙」だけである。加護亜依にとっては高い一服となってしまった。

俳優・杉浦太陽との間に26日(月)、第一子の女児を出産した元モーニング娘。の辻希美につんく♂が同日更新のブログでお祝いのコメントを綴り「生まれたのは女の子だし、やっぱ、モーニング娘。候補生だよな〜なんて勝手に思ってます」と自分のことのように喜んでいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000024-oric-ent
posted by セル at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

「レディオヘッドの新作アルバムは自由価格」で見える将来の音楽業界

ホステス・エンタテインメントは11月26日、英ロックバンド、レディオヘッドの新作アルバム「IN RAINBOWS」を、ユーザーが購入価格を自由に決められる形でダウンロード販売する日本語サイト「www.inrainbows.jp」を12月3日正午にオープンすると発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000017-zdn_n-sci


近年の音楽動向を見ていると「音楽の使い捨て」傾向が顕著で、質の高いミュージシャンまでもがその渦中でもがいている。

そこそこ音楽とは「アート(芸術)」に分類されるわけだが、アートとはその価値が認められてはじめて対価(金額)が支払われるシステムになっている。

であるならば、レディオヘッドの試みは「アート」という側面で見ると、至極自然で本来あるべき姿なのではないだろうか?

CD価格が軒並み3000円ほどで統一されていること自体がおかしいのである。CDやミュージシャンの価値はそれぞれであって、価値のある作品にはそれなりの対価が支払われるべきだし、そうでないものにはそれなりの扱いが必要なのではないだろうか。

話は逸れるが、昨今のCDショップは「サンプル視聴」が可能で、試しに聞いてから購入することができる。私が音楽に夢中になっていた頃はレコードが全盛期でほとんど視聴する機会は無く、ラジオで聴いた曲をメモってレコード店で探したり、かっこいいジャケットに魅せられて、いわゆるジャケ買いして失敗した苦い経験も多数ある。

新人ミュージシャンやデビュー前のミュージシャンは、あえてこの視聴システムのようにワンコーラスだけとか、途中でフェイドアウトするような楽曲、または数曲を無料で配布するといった試みも必要なのではないだろうか。

本当に価値のある、才能のあるミュージシャンにこそその対価が支払われるべき時代になって欲しいと思う。
posted by セル at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若槻千夏の「ブログを少しお休みします」に思う

公式ブログ『マーボー豆腐は飲み物です。』が好評のタレント・若槻千夏が、書き込みを“お休み”することを26日(月)に同ブログで明かした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000000-oric-ent


ここ最近は何かとネガティブな話題が先行している若槻千夏だが、彼女がファンや世間に等身大の自分を表現してきたブログを休止するという。

若槻千夏のブログは人気が高く、都度マスコミやメディアに取り上げられていて、彼女の人柄などに好感をもった方も多いだろう。

聞いたところによると、彼女は芸能界でのデビュー当初はマンガ喫茶やカプセルホテルなどに寝泊りしながら活動していたという苦労人のようだ。

当初のバカっぽいキャラや何でもアリのグラビアタレントから飛躍して、近年はキャスターなどを務めるなど前述のイメージが薄れ、「若槻千夏」としてのオリジナリティが発揮されてきていたので今回の休止はいささか残念だ。

噂では「ノロウイルスに感染した」とも報道されているが、ことの真相は現時点ではわからない。彼女の明るいイメージとかけ離れた話題が先行していいるので、ぜひ彼女にはブログでの新たな出発を期待したい。
posted by セル at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。