2008年03月14日

校内暴力で福岡の中3と中2の2人を逮捕

福岡県の中学生二人が校内暴力で逮捕されるという。

福岡県田川郡内の公立中学校で、一部生徒が授業を妨害し、校長ら学校幹部が休職や自宅休養などに追い込まれた問題で、県警は14日、妨害にかかわったとされる同校3年生と2年生の生徒2人について、暴力行為処罰法違反容疑で逮捕状を請求した。同日の卒業式の後にも逮捕する方針。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080314-00000056-mai-soci


ハッキリ言って「今どき?」な事件である。テレビの映像で彼らを見たが(未成年なので当然ボカシが入っていたが)、染めた髪をリーゼントにした、まさに「三流漫画」にでてきそうないきがった子供たちが報道陣を威嚇していた。そして、そのやり取りでのセリフが笑えた。

「人を見かけで判断すんのかよ!」

残念なことに、人は見かけで判断されるのである。人は見た目で判断されるのだ。それが第一印象というものなのだ。そして滑稽なことに彼ら自身が「見た目で人を判断している」ので、絶滅危惧種のような格好で人を威嚇するのである。

むしろ今まで逮捕されなかったのがおかしいくらいだが、彼らもいずれは大人になって知るだろう。社会のルールのほうがもっと厳しいことを。社会でルールを破るということはすなわち、生きてゆけないのである。

この手の問題を引き起こす元凶は、ほとんどの場合、「親」にある。親にも監督責任を問うのが筋だと思うのだが。


posted by セル at 16:35| 事件レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。