2008年01月16日

「揮発油税の暫定税率廃止3分の2が支持」は当然の結果

ガソリン国会」ともささやかれる次期通常国会の最大の争点が日本の将来も左右しかねない状況になりそうだ。

合同世論調査では、次期通常国会で与野党攻防の最大の争点になるとみられる「揮発油税の暫定税率」問題への意見も聞いた。それによると、「廃止」を求める声が約3分の2に上り、税率維持を担保するため歳入関連法案の3月末までの成立を目指す政府・与党にとっては厳しい結果が示された。民主党は廃止に向けて法案成立阻止で徹底抗戦の構えを示しており、この法案などの不成立による「4月パニック」も予想される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000069-san-pol

そもそもこの「揮発油税の暫定税率」とは今から30年以上も前の税で、当時は今ほど車が普及しておらず、いわば「贅沢税」の趣が強かったが、現在にこの「暫定税率」を組み込むこと自体ナンセンスだ。

国や地方自治体、暫定でありながら「永久税」のような扱いをしてきたため、ここにきて綻びが出た感じだ。

一般サラリーマン家庭は「残業代」を含めて家計をやり繰りはしない。政府は「暫定」という魔法の言葉で国民を欺いてきたツケを払うべきだ。しかし、そのツケも国民にまわってくるのだが・・・。

言葉魂-言葉の意味や内容を知る-KOTOTAMA


posted by セル at 16:45| 政治レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。