2007年12月06日

「ゴキブリ揚げた」で食のイタズラ連鎖

「食」に敏感になっている昨今では「シャレ」では済まされないイタズラが発覚した。書き込んだ本人の謝罪で一応の決着をみたのだが・・・。

「ケンタッキーフライドチキン」の元アルバイト店員だという男性が、自身のmixi日記上で「店内でゴキブリを揚げた」などと書き、インターネットの掲示板で「気持ち悪い」などと騒動になっている。運営する日本ケンタッキー・フライド・チキンは12月6日、「事実無根の内容。5日夜に本人が、『いたずらで嘘を書いた』と保護者同伴で謝罪に来た」と説明した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000055-jij-ent


保護者同伴で謝罪に来たということは、張本人は「未成年者」だったのだろうか?それにしてもケンタッキーフライドチキンは迷惑千万な話であろう。

ゴキブリを「揚げた」と想像するだけで悪寒がする。ましてや虚偽であったとしても、その描写が生々しい。

先日の「テラ豚丼」で、同じくアルバイト店員に騒動を起された吉野家の件もあり、「事が事実なら・・・」とケンタッキーフライドチキンも肝を冷やしたと思う。

FC展開やアルバイトといった、本部から遠い位置に存在する店舗への教育が再度見直されることになるだろう。これは全国展開しているFCチェーン本部共通の課題であり、まだまだこの手の事件は起こりそうな気配もある。


posted by セル at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。