2008年03月31日

「石川遼の賞味期限は夏?」のナンセンス

石川遼は、国内プロデビュー戦となる男子ゴルフ「G−ONEオープン」で、まさかの42位惨敗に終わった。初日に首位発進を決めた昨季以上のポテンシャルもさることながら、その負けっぷりの良さに関係者はホッと一息ついている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000010-ykf-spo


男子プロの公式戦ではなかったが初日首位の好スタートを切った石川遼。結果は本人にもファンにも残念だったが、まだ今季は始まってもいない。

昨年のツアー優勝で一躍時の人となった彼だが、過度の期待は酷だと思う。何年もプロ生活を送っているおしさんプロでさえ、一勝もしていない輩がゴロゴロいる世界なのだ。

マスコミは15歳での優勝にこぞって彼をクローズアップしているが、これからの長いプロ生活を考えると、「プロで、すぐにでも一勝を」と望むのはナンセンスだ。

ゴルフを知らないにわかファンも多いと思うが、彼はこれから長きに渡るプロ生活のスタートラインに立ったばかりなのだ。石川遼という少年がこれから歩む道を温かく見守るスタンスがファンもマスコミも必要なのではないだろうか。


posted by セル at 19:20| Comment(44) | スポーツレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

サッカー日本代表「メンバー入れ替え」に異議有り!

バーレーン戦で完敗したサッカー日本代表の岡田監督が、メンバーの大幅入れ替えを考えているというが・・・。

初黒星を喫した岡田ジャパンに粛清の嵐が吹く。W杯アジア3次予選のバーレーン戦に0―1と敗れた日本代表が27日に帰国。国内組による現メンバーでの戦いに限界が見えており、岡田武史監督(51)は大幅なメンバー入れ替えと方針転換を口にした。自身の進退も懸かる6月の「W杯予選4連戦」に向け、なりふり構わず出直しを図る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000020-spn-spo


メンバー入れ替えを匂わせるように、バーレーンから帰国した岡田監督は国立に直行したが、そこに何があるというのだろうか?

五輪を控えたU−23の中に戦力となる選手を探し出す目的があったのだろうが、まったくピントがズレているとしか言いようがない。

バーレーン戦の内容だけで言うと、選手の駒を変えただけで修正できるというレベルの話ではないのだ。残念ながら日本選手の層は考えているよりも薄い。だからこそ日本人が得意な「組織力」やオシムが目指した「考えて走るサッカー」というものが、日本の目指すサッカーだと思う。ということは、選ばれてきたメンバーで目指すサッカーを熟成させていくほうが将来的には強い日本代表になるだろう。

岡田監督は日本が、いやオシムが築き上げてきたベースの部分を壊してしまおうとでもいうのだろうか?彼は就任後から目的やシステムが曖昧で、しかも目標とするスタイルが見えてこない。

今になって思えば、オシム流を継承するのであれば、むしろオシム流を理解していたU−23の反町監督のほうが適任であったと思う。

さらにいうと、協会トップの川渕キャプテンが「走らないサッカーで勝てるわけがない。考えて走るというのはゼロに等しかった」と発言しているが、これもピントがズレている。これでは一般観戦者となんらかわらないではないか。協会トップなのだから「なぜ走らなかったのか?」「なぜ走れないのか?」といった観点で見るべきだ。そういう見方をして始めて事の「本質」が見えてくるはずだ。

6月の4連戦では中村、松井、稲本ら、いわゆる欧州組を大量に召集する予定だという。目指すサッカーのない今の日本に、彼らを招集しても意味はないだろう。現時点では混乱を招くだけだと思う。

彼らに全ての責任を押し付けるような結果にならなければいいのだが。
posted by セル at 11:08| Comment(0) | スポーツレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

岡田監督で大丈夫なのだろうか?ただの「1敗」ではない気がするのだが・・・

危惧していたことが現実に?やはりというべきか、勝負のアヤなのか、力強い日本の姿はどこにもなかった。

2010年南アフリカW杯アジア3次予選2組第2戦 バーレーン1−0日本(26日、バーレーン・マナマナショナルスタジアム) 岡田ジャパンが、負けた。日本代表は、アウェーでバーレーン代表に0−1で敗れた。終始、劣勢だった日本は、後半32分にバーレーンのFWアラー・フバイル(25)にゴールを許し0−1で完敗。日本がW杯の最終予選の前のラウンドで敗れたのは、90年イタリアW杯の1次予選、北朝鮮戦(89年6月)以来、約19年ぶり。岡田武史監督(51)率いる日本は通算1勝1敗となり、3次予選2組で首位陥落。指揮官は6月の4連戦へ向けメンバー再考を示唆。南アW杯へ暗雲が漂った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000119-sph-socc


私は以前、このブログで岡田監督が就任したときに異を唱えている。それは、岡田監督に海外(アウェー)に対する知識と経験の乏しさを思ったためだ。

98年のフランスW杯予選は繰り上がりの監督就任で、いわば「代理監督」のような経験しかしていない。結果はご存知の通りだが、その後の岡田監督のキャリアは日本人監督のそれと同じで、「国内」チームの監督としてのキャリアしかない。

今回の遠征では、キャンプを張ったドバイでは体を気候に慣らすためなのか、かなりハードな内容だったと聞く。当然、選手はバテバテでもともと爆弾を抱えていた高原は離脱した。

ゲームを見ても選手の動きにまったくキレがないし、集中力も欠如していたように見えた。これはハードワークのツケなのではないだろうか。つまり調整失敗なのだろう。

決定力とかパスワークとか以前に、自滅した感が強い。これは明らかに監督の責任である。もしこれがオシムであっても私は同じ感想を持ったと思うが、おそらくオシムはこのような調整はしなかっただろう。

たかが一敗ではあるし、三次予選は上位2位までが最終予選に進める。しかし、6月の4連戦は調整などする時間は無く、移動に次ぐ移動で精神的にも体力的にもかなりハードになるだろう。

1試合の調整もできない指揮官が、長距離移動と湿度と暑さに対応できる調整ができるわけがない。すべては岡田監督の世界で戦うためのキャリア不足が原因であり、彼を選任した協会の責任である。

岡田監督は『最悪のシナリオになった。もう一度メンバー選考を含めて考えていく』といっているが、選手に責任を転嫁するのはスジ違いだ。
posted by セル at 12:16| Comment(1) | スポーツレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

校内暴力で福岡の中3と中2の2人を逮捕

福岡県の中学生二人が校内暴力で逮捕されるという。

福岡県田川郡内の公立中学校で、一部生徒が授業を妨害し、校長ら学校幹部が休職や自宅休養などに追い込まれた問題で、県警は14日、妨害にかかわったとされる同校3年生と2年生の生徒2人について、暴力行為処罰法違反容疑で逮捕状を請求した。同日の卒業式の後にも逮捕する方針。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080314-00000056-mai-soci


ハッキリ言って「今どき?」な事件である。テレビの映像で彼らを見たが(未成年なので当然ボカシが入っていたが)、染めた髪をリーゼントにした、まさに「三流漫画」にでてきそうないきがった子供たちが報道陣を威嚇していた。そして、そのやり取りでのセリフが笑えた。

「人を見かけで判断すんのかよ!」

残念なことに、人は見かけで判断されるのである。人は見た目で判断されるのだ。それが第一印象というものなのだ。そして滑稽なことに彼ら自身が「見た目で人を判断している」ので、絶滅危惧種のような格好で人を威嚇するのである。

むしろ今まで逮捕されなかったのがおかしいくらいだが、彼らもいずれは大人になって知るだろう。社会のルールのほうがもっと厳しいことを。社会でルールを破るということはすなわち、生きてゆけないのである。

この手の問題を引き起こす元凶は、ほとんどの場合、「親」にある。親にも監督責任を問うのが筋だと思うのだが。
posted by セル at 16:35| 事件レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

「倖田來未失言余波」に感じること

歌手の倖田來未の失言騒動が止みそうにない。

歌手の倖田來未(25)が先月のラジオ番組で「35歳をまわると羊水が腐ってくる」と失言し、ホームページ(HP)で謝罪した件で、倖田が出演する「キリンチューハイ 氷結」のCM放送が当面自粛されることが4日、分かった。また、7日放送のテレ朝系「徹子の部屋」は、倖田の活動自粛を受け、局では延期を決定。余波は広告、テレビ業界にも飛び火した形だ。一方で、先月30日発売の新アルバム「Kingdom」はオリコンで初登場1位を獲得した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080205-00000034-sph-ent


この騒動の中、オリコンで初登場1位を獲得したのは彼女の根強い人気を物語っているが、発言そのものはやはりどう考えても大失言だ。

この失言騒動後もテレビをはじめマスコミは一様に彼女の「人間性」を持ち上げ、かばっている傾向にあるが、それで先の失言が正当化されるのは間違いだ。

マスコミは「倖田來未とは、純粋なキャラなのだ」と異口同音に唱えるが、それを今回の発言の根拠にしてはならない。

「35歳をまわると羊水が腐ってくる」

この発言を聞いた晩婚の女性や、不妊治療を受けている女性はどう感じてしまうだろうか? と一瞬でも考えれば先の発言はなかっただろう。つまり残念ながらこのとき、彼女には人を思いやる気持ちが欠如していたと言わざるを得ない。

断っておくが、私は倖田來未ファンである。彼女がデビューまでに経験した苦労などもマスコミなどの報道で知っている。だからこそ、今回の失言が悔やまれてならない。

騒動前に収録されたテレビ番組で歌う倖田來未は、彼女曰く「ほぼスッピン」で歌っていた。そのきれいな素顔が彼女の「心」そのままであるのは間違いないと一ファンとして思った。
posted by セル at 16:13| 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

「流経大柏・大前が清水入団会見」で目標はメッシとか

一部のテレビでは早くも「げんき王子」などと言われはじめた流経大柏の大前元紀がプロ入りの会見を行った。

全国高校選手権で優勝した流経大柏(千葉)のFW大前元紀(18)が15日、静岡市内のホテルでJ1清水の入団会見に臨み、「挑戦というより戦う。代表も意識するがクラブで結果を残してから。目標は身長も似ているアルゼンチン代表のメッシ。将来はスペインも視野に」と意気込んだ。背番号は未定。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000033-sanspo-spo

大前元紀の背の低さに驚いたサッカーファンも多いと思うが、果たしてプロの世界ではどうだろうか?

背の低いスーパースターの代表格はアルゼンチンのマラドーナだが、彼もまた非凡なテクニックで大柄な相手を翻弄するストライカーだった。

プロ入り前の評判だけで通用する世界ではないが、少し前の平山(東京)のように年齢と共に使えない選手にはなって欲しくないと思う。

言葉魂-言葉の意味や内容を知る-KOTOTAMA
posted by セル at 16:50| スポーツレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「揮発油税の暫定税率廃止3分の2が支持」は当然の結果

ガソリン国会」ともささやかれる次期通常国会の最大の争点が日本の将来も左右しかねない状況になりそうだ。

合同世論調査では、次期通常国会で与野党攻防の最大の争点になるとみられる「揮発油税の暫定税率」問題への意見も聞いた。それによると、「廃止」を求める声が約3分の2に上り、税率維持を担保するため歳入関連法案の3月末までの成立を目指す政府・与党にとっては厳しい結果が示された。民主党は廃止に向けて法案成立阻止で徹底抗戦の構えを示しており、この法案などの不成立による「4月パニック」も予想される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000069-san-pol

そもそもこの「揮発油税の暫定税率」とは今から30年以上も前の税で、当時は今ほど車が普及しておらず、いわば「贅沢税」の趣が強かったが、現在にこの「暫定税率」を組み込むこと自体ナンセンスだ。

国や地方自治体、暫定でありながら「永久税」のような扱いをしてきたため、ここにきて綻びが出た感じだ。

一般サラリーマン家庭は「残業代」を含めて家計をやり繰りはしない。政府は「暫定」という魔法の言葉で国民を欺いてきたツケを払うべきだ。しかし、そのツケも国民にまわってくるのだが・・・。

言葉魂-言葉の意味や内容を知る-KOTOTAMA
posted by セル at 16:45| 政治レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

「長崎県佐世保市の散弾銃乱射事件」で見えたストーカー的な殺意

長崎県佐世保市の散弾銃乱射事件での馬込政義容疑者の動機の一端がわかってきた。
長崎県佐世保市の散弾銃乱射事件で、現場となったスポーツクラブの会員だった馬込政義容疑者(当時37歳)が、水泳コーチの倉本舞衣さん(同26歳)に言葉で好意を伝えていたことが県警の調べで分かった。倉本さんは別の会員男性と交際しており、倉本さんの交友関係への嫉妬(しっと)が動機の一つとなったとみて調べている。乱射事件の動機の一端が判明したのは初めて。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000009-mai-soci

この記事を見る限り、やはり「ストーカー殺人」的な要素を含んでいるようだ。だとすれば、この事件は常軌を逸した男の犯行ではあるが、どこでまた起こってもおかしくはないのだ。

「フラられた腹いせに殺す」といったことがこの世の中にあってはならない。失恋は悲しいし苦しいものだが、それは誰もが体験していることだ。それが「殺意」にすりかわる精神構造はやはり異常だし、正常な人間の感覚ではない。

ストーカー事件の背景は大抵の場合「失恋」か「疎遠」、または「嫌悪」のようだ。この手の犯罪者は、思考が自分勝手で思い通りにならないと精神が「自滅」する。危険極まりない存在なのだ。

今回の事件の場合、倉本舞衣さんと馬込政義容疑者は立場的に見て、「店員」と「客」の立場にある。おそらく馬込容疑者を嫌悪していた倉本さんは、立場上バッサリと断ることもできなかったことが想像される。

このように「店員」と「客」でのストーカー事件は多いし、特に男性客が相手の立場を忘れて「勘違い」するケースが多い。

犯人の馬込政義は悪魔だが、「勘違いしている」男はこの世に多数存在する。女性達は少しでも身に危険を感じるようなタイプの男に言い寄られたら、職場の上司や警察に速やかに相談することをお勧めする。
posted by セル at 19:07| 事件レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日テレ女子アナユニットがデビュー」で見る女子アナ論

日本テレビの女子アナ3人が、同局の開局55周年を盛り上げるためのユニットを結成した。
鈴江奈々(27)、葉山エレーヌ(25)、夏目三久(23)の日本テレビアナウンサー3人が、来年の開局55周年を盛り上げる期間限定スペシャルユニット「go!go!ガールズ」を結成することが明らかになった。20日のお披露目会見で3人は、ロックンロールの祖である米歌手チャック・ベリーさん(81)が歌う「ジョニー・ビー・グッド」の替え歌「日テレgo!go!」のメロディーに乗り、60年代風のサイケなワンピース姿で、「go!go!ガールズです」とノリノリでポーズを決めていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000009-maiall-ent

今となっては女子アナがユニットを組んで歌やら何やらやるのはめずらしくないが、日テレ独特の「幼稚」な雰囲気が漂っている。

私は、日テレのどの番組を見ても「幼稚」さを感じている。個人的には好きでないが、良く言えば「誰にでもわかる」創りなのだろうと思う。

さて、この記事で驚いたのが夏目三久という女子アナが発したこの言葉、「アナウンサーにこんな仕事があると思ってもみませんでした」である。

この娘のためにもハッキリ言っておくが、今や女子アナとは「テレビ局お抱えのタレント」なのである。つまり固定給のタレントなのだ。テレビ局にとってはとても「安上がり」なのである。

だから大きな声では言えないが「ブサイク」は女子アナでは採用されない。かわいそうだが本当だ。

夏目三久アナが理想と現実とのギャップに悩むことがなければいいのだが。

posted by セル at 18:28| 芸能レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神赤星の巨人批判にみる日本の「格差社会」

阪神の赤星が強烈に巨人を批判した。
契約更改交渉を行った阪神・赤星憲広外野手が20日、「補強したから戦力が上がるものでもない」と異例の巨人批判を行った。無用の刺激を与えないためにも選手の他球団批判はご法度だが、今季は球団首脳もこぞって大ブーイング。あえて批判を口にすることで、モチベーションを高めているようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000010-ykf-spo

この発言に今の国民が眉をひそめる「格差社会」が見えるような気がする。金に物を言わせて片っ端から高額年俸の選手を補強しまくる巨人はさながら「富裕層」のようだ。

かたや阪神は難波のど根性よろしく、野球の「質」で勝負しようという、いわば「貧困層」の代表のように映る。

球界の東西対決の代表格である伝統の「阪神巨人戦」は、いつ見ても楽しいが、巨人があからさまな補強をした年は、いつも以上に盛り上がる。

赤星が言っている「巨人の若手は、楽しみが何もないのでは」は、巨人若手の気持ちを代弁しているようだ。もしかしたら巨人は若手が育っていないのではなく、「育てられない」球団体質になっているのかもしれない。そんな球団にはこれからプロを目指す子供は魅力的を感じないだろう。

さて、来年の「格差対決」が楽しみであるが、この国で「貧富」のどちらが多いかは、赤星がよく知っている。彼はなかなかの策士だ。

超巨大!虎敷マット全長145cm本物の虎の毛皮を毛布で再現したレプリカントです。【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1500アイテム)】超巨大!虎敷マット全長145cm本物の虎の毛皮を毛布で再現したレプリカントです。
8,085円

その面白さも大きさで表現できます。お部屋に敷くとフローリングでも和室でもお洒落です。トラトラパワー爆発です!
Ads by 電脳卸
posted by セル at 18:01| スポーツレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。